HOME > 木のページ > はじめてのDIY

木工ドリルの基礎知識

これから木工DIYをはじめようとしているみなさんの参考になると嬉しいです

木工ドリルの各部名称

ギムネの名称
サイズ

穴があく大きさです。

刃先

先ネジタイプ:回転力を利用して材にくい込んでいくので、押さえなくても穴があいていきます。
先三角タイプ:推力を与えた分だけ材にくい込んでいくので、自分でスピードコントロールが出来ます。

ケガキ刃(爪)

穴あけの際、ドリルの回転円周に沿って材の繊維(木目)などをケガキながら進む刃(爪)です。このケガキ刃があるのが木工ドリルの特長のひとつです。

スクイ刃

ケガキした内部を削り取る主刃です。

全長

錐全体の長さです。

ネジ丈

ネジ丈はあけたい穴の深さよりも少し長いものを選んでください。ネジ丈が短いと切屑が詰まりトラブルの原因となります。削り取られた切屑はラセン部分に沿って排出されます。あけたい深さ+20mmほどのネジ丈をお選びいただくと一番切屑のはけが良いと思います。

軸径

軸部分を電動工具のチャックに取付けます。形状には六角軸・丸軸・三本溝があります。軸径と軸形状で使用できる電動工具が変わってきます。

先端の形状について

先ネジ一条タイプ

先ネジ・一条タイプ

刃先が先ネジになっています。押さえなくてもネジの力で穴をあけ進めていきます。ボール盤でのご使用は材が持ち上がる危険がありますのでおすすめできません。

【製品例】
No.5 ショートビット
No.6 兼用ビット
No.4 ドリルビット
No.7 インパクトビット

先ネジ二条タイプ

先ネジ・二条タイプ

刃先がネジになっています。押さえなくてもネジの力で穴をあけ進めていきます。ボール盤でのご使用は材が持ち上がる危険がありますのでおすすめできません。木工ドリルの大口径は切削抵抗を考慮してこの設計になっています。

【製品例】
No.5 ショートビット 39mm以上
No.6 兼用ビット 39mm以上
No.7 インパクトビット 26mm以上

先三角一条タイプ

先三角・一条タイプ

刃先が三角になっています。押さえた分だけ進んでいくので止め穴加工に適しています。ボール盤でのご使用にも適しています。

【製品例】
No.5B 先三角ショートビット

鋭角二条タイプ

鋭角・二条タイプ

刃先が鋭角になり、ネジがありません。押した分だけ進んでいくので止め穴加工にも適しています。はじめて穴あけをされる方にもとても使いやすいタイプです。

【製品例】
No.601 竹用ドリル

軸の形状について

六角軸

六角軸

ドリルドライバ・電気ドリル・ボール盤でのご使用が可能です。 6.35mm六角軸の場合はインパクトドライバでのご使用が可能です。

三本溝

三本溝

丸軸に面(3面)が取ってある形状です。自在錐シリーズの軸はこの三本溝タイプとなります。ドリルドライバ・電気ドリル・ボール盤でのご使用が可能です。

丸軸

丸軸(ストレート)

例えば座掘錐シリーズのドリルやガイドの一部はこの丸軸(ストレートタイプ)となります。ドリルドライバ・電気ドリル・ボール盤でのご使用が可能です。

その他の豆知識

軸部のチャッキングは正しい位置で
電動工具に錐をセットする際は、六角軸・三本溝の平取り面でしっかり固定します。色がついている箇所のように面が取ってあるところでチャッキングされているかしっかりとご確認ください。
六角軸

六角軸

三本溝

三本溝

先ネジタイプは押さえ過ぎない
先ネジタイプはネジの力で進んでいきます。押さえ過ぎはかえって抵抗が大きくなり、錐の寿命が短くなります。また、インパクトドライバで使用する際に押さえ過ぎると”バリバリ”とインパクトがかかります。これはバッテリーへの負荷が大きくなり消耗が早くなったり、軸折れの原因になることがあります。先ネジタイプの木工ドリルは押さえすぎないのが穴あけのコツです。
添え板で裏側もきれいな穴あけを
貫通穴の場合、貫通口にバリが生じてキレイに仕上がらない場合があります。そんな時は添え板(当て木・捨て板)をするとバリが軽減されます。また、板の両側から穴あけを行うとバリのないキレイな穴があけられます。
ネジ丈以上の穴をあけない
ネジ丈・深さ以上の穴あけを行うと、切屑が詰まり錐の破損の原因になったりします。錐を選ぶ際はあけたい穴の深さよりもネジ丈が長いものを選んでください。
材と材の隙間はあけずにピッタリと
材と材の間に隙間があるとキレイな穴があかなかったり、切屑が詰まったり、刃先が引っ掛かったりしてドリルの破損の原因となります。
永くお使いいただくために
より長くスムーズな切れ味を保つために、作業後は切り屑を取り除き、油で刃先部を拭き取って保管してください。Drill Roll Bagに収納するともらいサビが防げます。

揃えたい木工ドリル

皿取錐&埋木錐

皿取錐&埋木錐

皿取錐は下穴あけと皿取加工が同時に行えます。皿取加工をすることでビス頭がきれいに収まり面一(ツライチ)になります。また、深めに皿取加工を行うと埋木錐でつくった埋め木を埋め込む用の穴になり、ビス頭を隠すことができます。埋木錐は端材を利用して埋め木を作ることができます。共木で作れば埋めたあとが目立たず、違う材で作ればワンポイントにもなります。皿取錐と埋木錐はセット使いがおすすめ。

詳細はこちら

センター一発

センター一発

丁番や手摺金具を取付けた時に、ビスを締めたら金具がずれてしまうことがあります。下穴をあけずに直接ビスを締めてしまい、金具がずれた状態で固定されてしまったというお声をお聞きします。仕上げの段階でそうなると勿体ないですよね。センター一発はビス取付け穴の中心に下穴があくのでビスを締めた時に金具がずれず、きれいに取り付けることが可能です。


詳細はこちら

ドリルストッパー

ドリルストッパー

一定の深さに穴をあけたい時に便利なドリルストッパー。錐に目安となるテープを巻いたりする方法もありますが、勢いで穴があいてしまうこともあります。ドリルストッパーをセットすれば止めたいところでピタッと止まるので安心です。通常の木工ドリルや皿取錐(※皿取錐3×8はセット不可)にもセットが可能です。先ネジタイプの木工ドリルでも逆回転させなくてもスッと抜けます。

詳細はこちら

六角軸下穴錐

六角軸下穴錐

ビス締めやクギを打つ前に下穴をあける為のドリルです。これをしていないとビス締めやクギ打ちをした際に、材が割れてしまうことがあります。特に材の端にビス締めやクギ打ちをする場合や対象材が堅木の場合は必須です。DIYには少し短めの六角軸ショート下穴錐が使いやすいかもしれません。スターエムの下穴錐はテーパー状になっているのでネジの効きもGood。

詳細はこちら

竹用ドリル

竹用ドリル

竹だけじゃないよ!とうたっているように竹はもちろん、一般木材・堅木・アクリル・硬質ゴム・塩ビにも穴あけが可能です。押した分だけ進んでいくので、はじめて穴あけをされる方にも安心してお使いいただけます。バリ・割れの少ない穴あけが軽い切削抵抗でスムーズに出来るので一度使うと手放せないというお声が多いドリルです。

詳細はこちら

ページのトップへ戻る